Loading

活動報告

エネルギーを考える議員連盟「エネルギー施設の視察」1日目

エネルギーを考える議員連盟「エネルギー施設の視察」1日目
初めは電源開発(株)の磯子火力発電所 
世界最高効率の発電所で発電効率通常40%が45% になっており、CO2排出量で17%削減出来ているとの事!
とわ言え、120万kwの発電に使用する石炭は1日約1万tである事を聞くと、環境問題とエネルギー政策の難しさを感じます。
次の視察先は、川崎マリエンの「再生可能エネルギーと水素を用いた自立型エネルギー供給システム」
太陽光発電したエネルギーを水を電気分解して水素を作って貯め、この水素を燃料電池で発電するシステムで、100%自然エネルギー^_^
ただし災害時を想定した実証システムで、30kwの太陽光発電で、燃料電池の能力は最大3.5kw、貯蓄量は350kwhと通常電力ではなく、費用も宝くじ1等相当とかなりの高価😂
水素の可能性を感じると共に、更なる技術開発に期待‼️

【Facebookより転載】
高橋やすゆきのFacebookページはこちら>>

関連記事

  1. 福島県沖地震の被害調査を行いました
  2. 梅木しのぶ議員の還暦祝いに出席しました
  3. 岩手県議会災害対策連絡本部会議が開催されました
  4. 岩崎地区市政座談会に参加しました
  5. 第54回建国記念の日奉祝岩手県民大会に参加しました
  6. 地元の環境整備作業に参加しました。
  7. 若者と県議会との意見交換会に参加しました
  8. 台風19号の被災対応の要望を知事に提出
PAGE TOP