Loading

活動報告

岩手県議会文教常任委員会現地調査 2日目

岩手県議会文教常任委員会の県内調査2日目は、宮古市の県立宮古商工高等学校と県立宮古水産高等学校。
どちらも高等学校再編計画の対象となった学校です。宮古商工高校は、宮古商業高校と宮古工業高校が統合し、県内初の校舎制の高等学校として昨年創立されました。新型コロナウイルスの影響から、想定した運営が出来なかったようですが、2年目に入って2校の連携した活動が予定されていました。
宮古水産高校は当初は統合対象でしたが、単独高として存続が決まりました。
どの学校も地域の人材養成する学校として期待が大きいものの、少子化の影響から、生徒の減少が進むとともに、施設の老朽化が課題となっています。

【Facebookより転載】
高橋やすゆきのFacebookページはこちら>>

関連記事

  1. 第2回「岩手政治塾」
  2. 「新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書」を手交
  3. 東京2020オリンピック聖火リレーに参加しました。
  4. 恒例地域の堰払いに参加しました。
  5. 地方議会活性化シンポジュームに参加しました
  6. 和賀東中5回生同級会に参加しました
  7. 6日目 黒沢尻西・黒沢尻北地区にて個人演説会
  8. 金婚・ダイヤモンド婚に参加しました
PAGE TOP